昭和35年創業:坂戸・鶴ヶ島で真面目にコツコツ。坂戸不動産です。

今回のマメ知識は、ベッドサイズ選びの注意点です。
 
ベッドサイズ


ベッドが新居に入らない?!

新居を構えたら、ベッドも新調!という方も多いのではないでしょうか?
新しい部屋に新しいベッド・・考えただけでワクワクしちゃいますよね。

でも!!
ベッドを選ぶ時にまず注意してほしいのが「サイズ」です。
いろいろ探してやっと見つけたお気に入りのベッドが、
いざ新居に運ばれて来た時に「部屋に入らない?!」なんてことがないよう、
注意して欲しいポイントをご紹介します。


ポイントその1:サイズの名前はあくまでも“目安”

ベッドのサイズと言えば、シングルやダブルなど様々ですが、
これは「マットレス」の大きさを表していてメーカーによっても違ってきます
ベッド本体のサイズはフレームやヘッドボードなどによって大きく変わってきますので、
実際の製品の寸法を必ず確認しましょう!

ポイントその2:新居の搬入経路を確認

購入したいベッドが部屋に「置ける」サイズだったとしても、
その部屋へ運び入れる事ができなければ元も子もありません。
一般的にマットレスは畳む事ができないので、
特に廊下や階段を通す事が出来るか確認しましょう!
(クィーンサイズやキングサイズのマットレスには分割できるものもあります)

ポイントその3:同じ寝室内の家具を考慮

ベッドを置く寝室には、クローゼットが付けられていたり、
チェストなどを置いたりすることが多く見られます。
ベッドを配置する時に、これらとベッドの間にスペースを確保しないと、
クローゼットが開けられない、チェストの引き出しが全部引き出せない…など
不具合が生じてしまいます。

ポイントその4:ベッドメイキングのスペースを作る

生活が始まると、使用しているシーツやベッドバッドの交換といった、
「ベッドメイキング」が定期的に発生します。
メイキングが手軽にできるだけのスペースをベッド周りに確保しましょう。


以上4つのポイントに注意した上で、
寝室の雰囲気やデザインに合うお気に入りのベッドを探してくださいね。
失敗しないベッド選びで快適な睡眠を手に入れてください(^^)b


昭和35年創業:坂戸・鶴ヶ島で真面目にコツコツ。
《坂戸不動産》がお届けいたしました。
■TEL:049-281-2323
■URL:http://www.sakado-fudousan.co.jp